フッターメニュー一覧

  • 本サイトご利用にあたって
  • 金融円滑化への取組みについて
  • 金融商品の勧誘方針
  • 個人情報保護宣言
  • 利益相反管理の概要について
  • 苦情処理措置・紛争解決措置等の概要について
  • 「経営者保証に関するガイドライン」への対応について
  • 反社会的勢力の排除について
  • お客様本位の業務運営に関する取組方針

個人情報保護宣言

信金中央金庫(以下「信金中金」と略称します。)は、個人情報(特定個人情報を含みます。以下同じ。)の適切な保護と利用のために、関係法令等の遵守、目的外利用の禁止、漏洩等の防止および苦情処理への適切な対応に努めるとともに、その取扱いについて継続的な改善を図ることを次のとおり宣言します。

定義

この個人情報保護宣言における用語の定義は、次に定めるところによります。

  1. 「個人情報」
    生存する個人に関する情報であって、特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができるものを含む。)をいいます。
  2. 「個人番号」
    「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」(以下「番号法」という。)の規定により、住民票コードを変換して得られる番号であって、当該住民票コードが記載された住民票の個人を識別するために指定されるもの(個人番号に対応し、当該個人番号に代わって用いられる番号、記号その他の符号であって、住民票コード以外のものを含む。)をいいます。
  3. 「特定個人情報」
    個人番号をその内容に含む個人情報をいいます。
  4. 「個人データ」
    個人情報データベース等(個人情報を含む情報の集合物であって、特定の個人情報をコンピュータを用いて検索することができるように体系的に構成したもの、またはコンピュータを用いていない場合であっても、個人情報を一定の規則に従って整理することにより特定の個人情報を容易に検索することができるよう体系的に構成したものであって、目次、索引、符号等により一般的に容易に検索可能な状態に置かれているもの)を構成する個人情報をいいます。
  5. 「本人」
    個人情報によって識別される特定の個人をいいます。
  6. 「第三者」
    信金中金および本人以外の者(自然人、法人その他の団体を問わない。)をいいます。
  7. 「保有個人データ」
    信金中金が、本人またはその代理人から求められる開示、内容の訂正、追加または削除、利用の停止、消去および第三者への提供の停止のすべてに応じることのできる権限を有する個人データであって、その存否が明らかになることにより公益その他の利益が害されるもの、または6か月以内に消去することとなるもの(更新するものを除く。)以外のものをいいます。

利用目的の通知等

  1. 信金中金は、個人情報を取得する場合は、あらかじめその利用目的を公表しているときを除き、速やかに、その利用目的をお客さまに通知し、または公表します。
  2. 信金中金は、お客さまとの間で契約を締結することに伴って契約書その他の書面に記載された個人情報を取得する場合は、あらかじめお客さまに対し、その利用目的を明示します。
  3. 信金中金は、あらかじめお客さまの同意を得ないで、利用目的の達成に必要な範囲を超えて、個人情報を取り扱いません。
  4. 信金中金は、特定個人情報について、番号法が限定的に定める範囲を超えて取り扱いません。

PAGE TOP

安全管理措置の実施

信金中金は、個人データおよび特定個人情報について、それらの漏洩、滅失またはき損等の防止のために、必要かつ適切な安全管理措置を講じます。

保有個人データの開示等

  1. 信金中金は、保有個人データに関し、利用目的、開示等の手続等の事項について、お客さまの知り得る状態に置きます。
  2. 信金中金は、お客さまご本人から、本人が識別される保有個人データの利用目的の通知を求められたときは、遅滞なくこれを通知します。なお、信金中金は、保有個人データの利用目的を通知しない旨の決定をしたときは、お客さまご本人に対し遅滞なくその旨を通知します。
  3. 信金中金は、お客さまご本人から、本人が識別される保有個人データの開示を求められたときは、手数料を申し受けたうえで、遅滞なくこれを開示します。なお、信金中金は、保有個人データの全部または一部を開示しない旨の決定をしたときは、お客さまご本人に対し遅滞なくその旨を通知します。
  4. 信金中金は、お客さまご本人から、本人が識別される保有個人データの訂正、追加、削除、利用停止、消去または第三者への提供の停止等(以下「訂正等」といいます。)を求められたときは、速やかに必要な調査を実施し、その結果にもとづき訂正等を行うとともに、遅滞なくその旨を通知します。なお、信金中金は、保有個人データの訂正等を行わない旨の決定をしたときは、お客さまご本人に対し遅滞なくその旨を通知します。

委託先の監督

信金中金は、個人データおよび特定個人情報について、それらの取扱いを委託する場合は、委託先がそれら情報を安全に管理するよう適切に監督します。

苦情および問合せ窓口の設置

信金中金は、個人情報の取扱いに関する苦情および問合せの窓口を設置し、適切かつ迅速な対応に努めます。

(平成29年1月23日改正)

PAGE TOP