信金中金について

  • トップメッセージ
  • プロフィール
  • 経営管理体制
    • コーポレート・ガバナンス
    • コンプライアンス
    • リスク管理体制
    • 業務継続体制
    • CSRへの取組み
  • グループ企業

リスク管理体制

信金中金は、金融業務のさまざまなリスクの適切な管理につとめています。

リスク管理の基本方針

国内外の経済情勢、金融市場など、金融機関を取り巻く環境の大きな変化に迅速かつ適切に対応していくためには、よりきめ細かなリスク管理が必要となっています。
信金中金では、経営の健全性を維持しつつ適正な収益を確保するために、リスク管理を経営の重要課題として位置づけており、すべての役職員はリスク管理の重要性を十分認識したうえで、日々の業務を遂行しています。

リスクをその特性により「コントロールすべきリスク」と「極小化すべきリスク」に大別し、それぞれ管理しています。コントロールすべきリスクは、市場リスク、流動性リスクおよび信用リスクであり、一方、極小化すべきリスクは、オペレーショナル・リスクであり、これらのリスクを統合的に管理するため、リスク管理統括部門を設置しています。

また、組織全体の立場に立ったリスク管理のための横断的な組織として、リスク管理委員会、ALM委員会、融資委員会を設置し、理事会または経営会議で決定された方針などにもとづき、それぞれリスク管理に関する具体的事項を審議、決定しています。

さらに、リスク管理の実効性を確保するため、組織上独立した内部監査部門を設置し、リスク管理の状況について厳格な内部監査を行っています。

信金中金のリスク管理体制

統合リスク管理

リスクを統合的に管理するにあたり、計量化可能なリスクに対して、統合リスク管理の手法を導入しています。

統合リスク管理とは、各種リスクをVaR(バリュー・アット・リスク)などの統一的な尺度で計測して合算し、経営体力(自己資本)と対比することによって管理する方法です。
市場リスクおよび信用リスクについては、それぞれVaRを計測しています。またオペレーショナル・リスク相当額の算出については、自己資本比率規制における基礎的手法を採用しています。
自己資本については、統合リスク管理上の自己資本を定義し、それを各種のリスク限度額やオペレーショナル・リスクなどに配賦しています※。また、別途ストレスシナリオにかかる損失額を算出し、自己資本への影響を検証・評価しています。

これらのリスク限度額などについては、年度ごとにリスク管理委員会での審議を経て、経営会議で決定しています。リスク管理統括部門は、リスク量の状況について週次で計測し、各種のリスク限度額を超過しないよう管理しつつ、リスク管理委員会などを通じて、定期的に経営陣および関係部門に報告しています。

※連結子会社については、各子会社のリスクを把握し、そのリスク量に応じて資本配賦することで、リスク・テイクへの備えとしています。

PAGE TOP